バイク

酷暑の中を高速飛ばして涼しい「みなかみ周遊ツーリング」してきた!

今年は梅雨らしい日も短く、夏の始まりが早く、それも暑い日が毎日続いています。

そんな中でもバイク乗りは、涼しいところを求めてツーリングに行きたくなってしまうものです。

以前調べたツーリングコースを行くことにしました。

【ツーリングコース調査】群馬県みなかみツーリングコースを考える!

【ツーリングコース調査】群馬県みなかみツーリングコースを考える!っていうタイトルですが、そのスケジュールのとおり、高速道路を使って沼田ICまでやってきました。

高速道路で100kmくらいのスピードで走ってきましたが、もう暑すぎて熱風です。

サービスエリアで休みながらのツーリングです。

沼田ICを降りたら、まず「吹割の滝」を見学してきました。

バイクは、近くの無料の市営駐車場の方に駐車してきました。

吹割渓谷案内図

吹割の滝まで、徒歩で10分程度です。近くに有料駐車場があるようですが、500円程度かかるようです。車の場合は、有料駐車場の方がいいかもしれません。

市営駐車場の方は、車だと15台程度しか止められません。

国道を横切り、渓谷の方に下がっていくと直ぐに川が見え、滝の音?川の音?が聞こえ始めます。

吹割の滝

吹割の滝

猛暑でしたが、川の方に降りていくと涼しく、更に吹割の滝の方に行けば、更に涼しく感じられます。横の通行路の方には木陰もあり癒されます。

そして、景色も写真のとおりいい感じです。

その様子を動画にしましたのでご覧ください。

次に向かうは、「洞元の滝」ですが、途中、道を間違えて違う方面に行くところでしたが引き返して向かいました。

結局は、洞元の滝には行けなく、なんかダムらしきところにでてきました。

地図をみると、「奈良俣ダム」ということで、実際は、洞元の滝もバイクから降りればすぐ近くにあったようです。次回行ったときにでもよーーく見てみます。

ちなみに、ここまでの道路は交通量も少なく(途中からすれ違ったのは、バイクと車合わせて10台以内)すごく快適なツーリングでした。

さらに、森林の中を走ってきたので本当に涼しい感じです。

高速では熱風でしたが、ここのツーリングは涼しくて最高です。

さて、次に向かったのは、「谷川岳」の方に、一ノ倉沢という場所がお勧めという事で向かいました。

ただ、その途中ちょっとしたビックリすることや、「つづみの滝」などに癒される出来事もありました。その様子は動画にしておきましたのでご覧ください。

そして、谷川岳の近くまできましたが、思ったより気温は下がっていなく35度くらいはあったかと思います。

そして、谷川岳ロープウエイまで来た時に前を走っていた車がこの先は行けないよって言われていたので私もUターンして引き返しました。

結局、一ノ倉沢」には、通行止めで行けないようでした。理由はわかりません。

ロープウエイで上の方に行けば涼しかったのでしょうが、もう3時を回っていたので帰宅することにしました。

帰宅途中ちょっとお土産を買って、乾いた喉を潤してから帰りました。

谷川岳のおみやげ

ここで生ドラ焼きを購入しようと思いましたが、炎天下では駄目だよってことで饅頭に変更しました。保冷剤入りのバッグでもダメだったのかは不明です。

食えなかったので、食べたかった気持ちが更に増しています。

また、炎天下の高速を使って帰ることになるのですが、水上ICから乗って、赤城高原サービスエリアで休んでから帰宅しました。

赤城高原SA

ブルーベリーソフトがスッキリして美味かったですね。

バイクにも満タンにお食事を入れて熱風の中帰宅しました。

みなかみの山の中のツーリングは、酷暑でも涼しく気持ちがいいです。

ツーリングのモトブログ動画にしましたのでご覧ください。

-バイク
-, , , , ,

Copyright© ゆったり日和 , 2019 All Rights Reserved.