トレイルランニング

栃木市の三毳山(みかも山公園)ホームグランドの紹介1/5

今回は、ひと月に最低1回はお世話になっているトレイルランニングのトレーニング場所である三毳山(みかもさん)、みかも山公園の紹介ブログになります。

自宅から近いという理由もありますが、とにかく整備されており、安全な山になります。

なので、休日にもなれば老若男女のハイカーが沢山訪れる場所になります。

家族連れなどは、わんぱく広場という公園の方に行くのでハイキングコースとは別コースになります。

みかも山公園

トレイルランニングからの視点で言えば、メジャーな中央コース(みかもの道の駅から青竜ケ岳に行くコース)では、ハイカーが結構いるのでいっきには進めない場合があります。

しかし、青竜ケ岳から、山北側、山東側コースでは、ハイカーも少ないのでガッツリ楽しめるコースも存在します。

また、とにかく何といっても「安全」「安心」な山と言えるくらいに迂回道や案内板も整備されています。

ホームページもありますね。

みかも山公園駐車場

みかも山公園へは、国道50号線沿いから行く中央ゲートだと思っている南口入口(100m程度)から入った大きな駐車場に止めています。

道の駅みかもがスグ近くにありますが、山登るならみかも山公園の駐車場に止めたほうが近いですし、長時間置ける安心感があります。

その他、花センターなどがある東入口や、みかもハーブ園がある西入口など駐車場には困りません。その他にも山の周りには駐車場が存在します。

南入口から入るとスグに大きな駐車場がある

今日は、曇っていましたが、いつも晴天で、この駐車場から見る三毳山も季節ごとに綺麗な景色を見させてくれます。

沢山動画も撮影しましたので、ところどころ突っこんでいきますが温かい目で見てあげてください。

南口広場からスタート

何度も言ってしまいますが、みかも山公園は本当に整備されていて、トイレも沢山あり、休憩場所も沢山あります。

そして、案内板も沢山あります。仮に迷っても、アスファルトの道路が山の中にあり、安全な道を使って下山できます。

そして、疲れちゃった人には、定期的に列車が走っているので本当に整備されています。

スタート前に、トイレを借りて身を軽くしてからスタートしました。

列車を横目に、まずは三毳山神社まで、アスファルトの道をひたすら登って行きます。

この正面道は、結構急斜面コース

沢山存在する案内板

まずは、三毳山神社まで行きますが、アスファルトの道を行くと、約1.3km程度になります。そして、短距離ですが、傾斜がきついコースもあります。

多分距離的には、500mくらいかと思います。

私は、スタート時は体を慣らすのと、距離を稼ぎたいのでアスファルト道の方で行きました。

この分岐を右に行くと三毳山神社

ここまでくる1km強の距離でも、屋根付きの休憩所が2ヶ所あったり、案内板も沢山あるので迷う事はありません。

私は、いつも三毳山神社に行って入山料(お賽銭)を支払うのが儀式になっているので、上記写真の分岐を右側に行きます。

ただ、左に行っても三毳山神社には行ける道があります。

一つの道でしか行けないという事が無いのも安心できるコースの一つの理由でもあります。

ちなみに、左側に行った休憩所には、自販機もあります。

上の休憩所には自販機もあります。

この上の休憩所から、山道でちょっと登ると、「富士見台」や、わくわく滑り台などに行くことができます。そこから山を下れば、わんぱく広場にも行けます。

つまり、全部つながっていけるという感じですね。

-トレイルランニング
-, , , , , ,

Copyright© ゆったり日和 , 2019 All Rights Reserved.