キャンプ

今シーズンチャレンジしたいキャンプ料理と注意点

まだ、2回目のキャンプの予定が立てられないまっつんつんです。

さて、今回は、キャンプ料理を調べてみようかと思います。

初ソロキャンプの時は、BBQとすき焼きでしたが、両方とも食材を持っていきすぎて食べきれませんでした。更に、記憶にないほどおいしくなかったという感じです。

つまり、食材のバランスが悪くて、BBQでは、カルビのみだったし、すき焼きでは、高級なすき焼き用肉を入れ過ぎて逆にまずくなったという状況でした。

そこから学んだのは、「適度な食材量とバランス」です。

2回目のキャンプに備えて、どのくらいの量をどのようにして持っていったらよいのかを考えてみました。

まず、2回目のキャンプでは、何を食べたいのか?

を考える前に、調理器具のおさらいをします。

今、現時点にもっているのは、

まず、鍋がないとダメですよね。
この鍋セットには、ガスバーナーとガススタンドがついていました。購入時は調べてくださいね。

ちなみに、携帯用のガスボンベは別売りなので、下記の物を購入しました。

でも、なんか、鍋に不満があり下記のも購入しました。

結局は、スノーピークの方しか使っていませんが、タイミングをみて最初に購入した方も使ってみようと思います。

そして、メインの調理器具は、

これで炭火で調理することになります。
なぜ、これかといえば、料理もしますが、焚火も兼用なのです。

まとめると、私の場合は、バイクで行くので料理器具といえば、携帯用のバーナーとこのBBQセットになります。

それで、なるたけ現場では調理は簡単な方がいいと考えれば、BBQなので、最初から串にさした食材をBBQセットで焼いて食べるって方法が一番楽かと考えました。

BBQ

こんな感じで自宅で準備していけば、あとは現場では焼くだけで食べれますよね。

それなので、荷物にはなるかとおもいましたが、串を購入しました。

木の使い捨ての串も考えましたが、結構BBQの時に炎が燃え上がり、木だと一緒に燃えてしまう可能性があるのでこれを選びました。

この串BBQ食材を2本も持っていけば、もうお腹いっぱいになること間違いなしだと思いますが、やっぱり酒飲みには、最後の締めが必要です。

締めは、麺類でさーーと食べられるのがいいですね。

それで、やっぱりキャンプといえばパスタでしょ!?(笑)

勝手にパスタがおしゃれだと思い込んでいるだけで、うどんじゃだめなの?って感じですよね。

じつは理由があって、うどんだと汁が必要になりますが、パスタなら煮てそのままふりかけ風のものをかけてもいいし、ドレッシングでもいけますよね。

つまり、超簡単なのです。別にレトルトのスープでも買っていけばスープパスタもいけますよね。フライパンでガーリックを焼いてからなんていう本格的な方がうまいことはわかっていますが、簡単じゃなければ続きませんからね。

しばらく、締めはパスタで行こうかと考えています。

仮にお腹いっぱいでパスタ食べなかったとしても煮なければ後に使いまわしできるってのもいいですね。

ん!?

それを考えれば乾麺のうどんやラーメン・・・・・同じやん!?いいの!?

パスタがおしゃれ!!

ってことで。

次回のキャンプでは、下記の様にしてみたいと思います。

★★★まとめ★★★

●串に刺したBBQ用食材 2本 (肉、玉ねぎ、シイタケなど)

●パスタ(乾麺3分程度で煮えるもの)

●パスタ用ソース(レトルト3種類くらいをもっていき、現場の気分で選択)

●現地スーパーなどで購入した刺身、サラダなど。

★★★★★★★★★

初めてのキャンプでは、本当に意気込んで高い食材を沢山持っていきすぎて無駄にしてしまいました。むしろちょっと少ないくらいが適度の量だとわかりました。

結局は、お酒とちょっとしたお菓子を持っていくので調整はいくらでもききます。

さて、次回のキャンプをやったら、このブログでもアップしますね。

楽しみだ!!

-キャンプ
-, , , , , ,

Copyright© ゆったり日和 , 2019 All Rights Reserved.